top of page

【食品表示法】凍り豆腐・高野豆腐について解説【別表第四要点&要約】


【食品表示法】凍り豆腐・高野豆腐について解説【別表第四要点&要約】


この記事の内容

・食品表示法別表第四「凍り豆腐」「高野豆腐」の名称要約

・「凍り豆腐」「高野豆腐」を販売する際の食品表示ラベル記載方法


本記事では食品表示法においての良く出てくるワードである「別表第四(別表第4)」の中の「凍り豆腐」「高野豆腐」の項目についてわかりやすくまとめた記事です。

消費者庁が発行している食品表示基準別表四の項目にはより詳しく書いてありますが、非常に読みにくいです。そのためまずは前提知識として本記事の閲覧をオススメします。


 



目次
「凍り豆腐」「高野豆腐」とは? 栄養素・健康効果について
「凍り豆腐」「高野豆腐」名称ルール
原材料名の表示
内容量表記
筆者・引用元について  



高野豆腐イメージ

■「凍り豆腐」「高野豆腐」とは?

大豆を主原料として作られる豆腐の一種であり、一般的な絹ごし豆腐や木綿豆腐よりも歯ごたえがあることが特徴です。


栄養素・健康効果について


タンパク質:大豆が豊富に含まれており、1枚あたり約10g程度のタンパク質が摂取できま

す。また、アミノ酸スコアが高いため、肉や魚に劣らない良質なタンパク質源としても注目されています。


イソフラボン:大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た作用を持ち、更年期障害や骨粗鬆症の予防に役立つとされています。


ビタミン:ビタミンEやビタミンKなどの脂溶性ビタミン、ビタミンB群などの水溶性ビタミンが含まれています。


ミネラル:カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラルが豊富に含まれています。


コレステロール値の改善:大豆イソフラボンには、コレステロール値を下げる作用があるとされています。また、大豆には、植物ステロールや食物繊維が含まれているため、腸内環境の改善にも役立ちます


骨粗鬆症の予防:大豆イソフラボンが、骨を強化する働きがあるとされています。また、豆腐にはカルシウムが豊富に含まれているため、骨粗鬆症の予防にも役立ちます


ダイエット:低カロリーでありながら、良質なタンパク質が含まれているため、健康的なダイエット効果が期待できます



■名称について

「食品表示基準」に基づいて、「凍りこうや腐」(もしくは「こうや腐」または「しみこうや腐」)と規定

「細切りその他の形状に切断したもの、粉末にしたもの及び割れたものにあっては「さいの目」、「粉末」等その形状を、調味料を添付したものにあっては「調味料付き」と表記



■原材料にいて

主原料の「大豆」と表示する。

調味料を添付したもの:「凍り⾖ 腐」、「こうや⾖腐」⼜は「しみ⾖腐」+(「⼤⾖」)と表⽰

調味料を添付した場合における添付してある調味料の原材料:「添付調味料」+(「砂糖」、「⾷塩」、「みりん」、「かつおエキス」) 等と表⽰


・添加物について

原材料に加えて添加したもの:当該凍りこうや腐の原材料名の表記に併記

調味料に添加したもの:当該調味料の原材料名の表記に併記

ただし、添加物が多数ある場合には、重量の高い順に上から順に表記


■内容量について

内容重量をグラムまたはキログラムの単位で表示

内容重量が300グラム未満の場合:内容個数表記が必要




本サイトでは他にも本記事に関係のある食品名称に関する定義の記事・食品表示に関する記事を分かりやすくまとめています。

【食品表示法】名称の記載方法について管理栄養士が解説

食品表示法 名称の記載方法について

 


■本記事の筆者について

上級食品表示診断士 塚狭智美


【プロフィール】


■資格

・上級食品表示診断士

・管理栄養士・栄養士・調理師・幼児食アドバイザー・食生活アドバイザー



■経歴

集団調理にて管理栄養士として長年勤務

その後栄養士養成学校・調理師養成学校にて食品表示・幼児食・栄養学の分野の教鞭をふるい10年以上のキャリアあり

地方自治体の食品提供イベントの運営

企業・個人店舗の食品コンサル

フードガイドサービスTwitter



■引用

消費者庁 食品表示基準別表1~8

https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/food_labeling_act/pdf/food_labeling_cms101_200716_19.pdf


高野豆腐(Wikipedia)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%87%8E%E8%B1%86%E8%85%90


閲覧数:18回0件のコメント
bottom of page