検索
  • フードガイドサービス

長芋すり流し

冷たくあっさりとした長芋のすり流しのレシピのご紹介


長芋は「ムチン」を含み主に胃壁を保護する働きや、消化を促す効果、肝機能を高める効果があるそうで先付、二日酔い、お肉料理の副菜としてお勧めです。

作り方も簡単なのでお試しください。


材料 2人前


長芋 100g  (やまと芋でも可能)


だし汁

水  200cc

和風だし顆粒 15g

塩  1g

薄口しょうゆ  10cc


お好み

青のり  適量


①長芋の皮をむいてすりおろす


②あたり鉢で①をよくあたる(省略しても可。この工程をすることで口当たりが滑らかに)


③②へだし汁を入れてよく混ぜる。味見して好みで顆粒和風だしや塩などを加える。冷蔵庫で冷やす(急いでいる場合は氷を盛り器に一欠片いれるて冷やしても可)


④碗へそそぐ、好みで青のりなどを散らす

フードガイドサービス調べ(本サービスのデータ誤入力による保証は致しかねます)

栄養価 一人前当たり


カロリー / 43kcal たんぱく質 / 2.45g 脂質 / 0.25g 炭水化物 / 8.75g 塩分 / 2.4g


アレルギー原因物質(表示義務7品目えび、かに、落花生、そば、小麦、卵、乳)

なし



宗教禁忌(ベジタリアン、イスラム、ヒンドゥー、ユダヤ)


ベジタリアン (顆粒だしがタブー)


イスラム教(顆粒だし、醤油がハラル認証の場合は合法)


ヒンドゥー教 (顆粒だしがタブー)


0回の閲覧